現代病に挑戦する断食

コアサポート

  • HOME »
  • コアサポート

青少年の悩み相談をサポートします

薬物依存症

薬物依存症とは

薬物依存症とは、法律で禁じられている麻薬を連想される方が多いと思いますが、日常的に摂取しているニコチン、アルコール、カフェインなどの過剰な依存も薬物依存症となります。

薬物依存症の特徴

薬物依存症と診断され依存が進むと、原因薬物を自分の意志でコントロールすることが出来なくなり原因薬物が無い場合は、薬物の事で頭がいっぱいになり、それを得るために多くの時間や労力を費やし薬物無しでは生きられない生活を送るようになります。薬物依存が強くなると依存状態から自力で脱出することが困難になってきます。
薬物依存は意志の弱さや性格の問題だけが原因とは限りません。
薬物依存症の方には「自己評価が低く自信を持てない」「人を信じられない」「本音を言えない」「孤独感を抱きやすくさみしい」「自己を大切にできない」「他人に見捨てられる不安を抱いていている」という特徴があります。
最優先の問題としては「本音を言えない」という事です。「本音を安心して話せる」ようになれば薬物依存症の問題が解決していくと考えられます。

薬物依存症の原因

薬物依存症が強固になってしまう要因に脳の神経科学的機能の変化があります。薬物依存症は脳の病気とも言えます。
薬物依存症になると脳内の神経伝達物質であるドーパミンなどが活性化し関連する脳内部位に何らかの病的変化が出てしまうようです。
薬物依存症の場合は中枢神経系に作用する薬物が原因で起こりますが薬物以外のギャンブル、ショッピングなどの行為でも生じると言われています。これらはギャンブル依存症、買い物依存症などと呼ばれます。
薬物依存症といっても麻薬のように依存性の高いものからアルコールのように人によって依存度に差が出るものまでさまざまです。
薬物依存症の原因薬物が脳内にどう影響するかは、本人の遺伝情報、気持ちの慢性的な落ち込み、生活環境、日常のストレスなどの要因が相互作用し、薬物への依存が進行した結果、治療が必要な薬物依存症となります。

薬物依存症の症状

精神依存的な症状としては、原因薬物がない場合、その薬物に関する思考が意識の中心を占め始めます。重度になるとその薬物に関する思考などによって日常的に意識が乗っ取られたような状態になります。
身体的な症状としては、以前より多く原因薬物を摂取しないと、以前と同じ効果が得られなくなります。
原因薬物の摂取を中断したときに気分の不快感、不眠、発汗、動悸、手の震え、頭痛、腹痛、痙攣、強いイライラ感がみられます。

薬物依存症回復NPO法人

特定非営利活動法人アスク
日本ダルク

ギャンブル依存症

ギャンブル依存症とは

ギャンブル依存症とはギャンブルに対する欲望や衝動を抑えることができず借金を原因に日常生活に問題が生じ、心理的、身体的、社会的健康を害して苦痛を伴う症状です。
ギャンブル依存症は、本人の資質に原因があると考えられてきましたが1970年代から精神疾患として認識されるようになり始めました。

ギャンブル依存症の原因

ギャンブル依存症になる原因として、少額で大金を手にしてしまう事で、その瞬間の興奮や高揚感を忘れることができず「また大金を手にすることができる」または「勝てる」と考えて、ギャンブルを継続するのが原因の1つです。
金銭以外にも刺激を求める事が原因で、ギャンブルに依存してしまうこともあります。
またギャンブルをし、自分の想像を超える刺激を受けたり感じてしまうとギャンブルの事が頭から離れなくなってしまい、他の事に興味をもてなくなり、ハイリスクハイリターンな刺激を求めるようになるのも原因の1つです。
他にも負けが続いていても次は勝てると考えてしまい、負けた時の気持ちを拭うためにギャンブルをしてしまい、深みにはまり、冷静な自己判断が出来なくなり、ギャンブルに依存している事を認めることが出来なくなってしまうのも原因となっています。

ギャンブル依存症の症状

物や行動に対しての渇望、欲望の我慢が困難になる、離脱症状(主に手が震えたり、幻視、発汗、不眠など)が現われたり、耐性がなくなり、欲しているもの以外への関心の低下または望むものへの障害があるにも関わらず、継続してしまう症状があります。
ギャンブル依存者がギャンブルを絶つことによって感情の乱れや、集中力が極端に低下してしまったり、手が震え、発汗などの症状が現われます。
またギャンブル依存症には、悪循環が起こってしまうこともあり、マイナスな気持ちやストレスから逃れるためにギャンブルをしてしまい、結果苦痛を味わい、苦痛に対してまたストレスを感じ、さらにギャンブルに走ってしまうという負の連鎖があります。

ギャンブル依存症回復NPO法人

特定非営利活動法人アスク
公益社団法人 ギャンブル依存症問題を考える会
NPO法人ギャンブル依存ファミリーセンター ホープヒル
NPO法人 全国ギャンブル依存症家族の会

 

アルコール依存症

大量の酒を長期にわたって飲み続ける事によって酒がないといられなくなる状態がアルコール依存症です。
酒がきれると禁断症状(不安、イライラ感、夜に寝むれない、手が震える、怒りやすくなる等)がでます。
これらは意志が弱いというよりも脳の働きの異常と考えられます。

ICD-10世界保健機関(WHO)が作成によるアルコール依存症(alcohol dependence syndrome)の診断ガイドライン

過去1年間に以下の項目のうち3項目以上が同時に1ヶ月以上続いたか、または繰り返し出現した場合

    1. 飲酒したいという強い欲望あるいは強迫感
    2. 飲酒の開始、終了、あるいは飲酒量に関して行動を統制することが困難
    3. 禁酒あるいは減酒したときの離脱症状
    4. 耐性の証拠
    5. 飲酒にかわる楽しみや興味を無視し、飲酒せざるをえない時間やその効果からの回復に要する時間が延長
    6. 明らかに有害な結果が起きているにもにもかかわらず飲酒

アルコール依存症回復NPO法人

特定非営利活動法人アスク
特定非営利活動法人 いちごの会

DV(家庭内暴力)

DV(家庭内暴力)とは

一般的に、家庭内暴力とは、子が親や家族に暴力をふるうことであり、DV(ドメスティックバイオレンス)とは、夫(妻)が配偶者や家族に暴力をふるうことを指します。通常、別々の問題として取り上げられますがメカニズムは共通するところが多いです。
身体的虐待(いわゆる暴行)、精神的虐待(罵り・蔑み・脅迫など)、性的虐待、社会的隔離(通信手段を奪う・軟禁)などといった形で行為が現れます。
加害者は男性だけとは限りません。女性が暴力をふるう場合も少なくありません。DVでは加害者の4割弱が女性、家庭内暴力では2割が女性であるとされます。
DVの相談件数は平成28年の1年間で6万9千件となっており年々増加しています。

§DV(家庭内暴力)の原因

最も多いのが、アルコールです。「アル中の親にいつも暴力を振るわれていた」「夫は酒が入るとすぐに暴れる」などというように、アルコールを摂取することで自制心が効かなくなり、粗暴になってしまう方がいます。
アルコールの他にも麻薬・覚せい剤などを使用しているケースもあります。

ストレスが原因になる場合もあります。
仕事や人間関係で生まれたストレスをうまく発散できずに溜め込んでいるケースです。
ストレスがうまく発散されなかった場合、「暴力」という形でストレス発散が行われてしまう事があります。

一般的な良識が欠如しており、暴力を振るい相手を傷つけることに対して「してはいけないこと」「悪いこと」だと考えていない人もいます。

反社会性人格障害・サイコパスなど一部のパーソナリティ障害がある人は、良識が欠如していることがあり、暴力に至りやすい傾向があることが指摘されています。
幼少期に虐待や家庭内暴力の既往がある場合は、自分自身も暴力をふるうようになることが多いと報告されています。アダルトチルドレンなど機能不全家庭で育ち、十分な親から愛情を受けれなかった方は、感情を上手に表現できないために暴力的となることもあるのです。

精神疾患によって暴力が出現していることがあります。
例えば、統合失調症などでは、幻聴に影響されて攻撃的になることがありますし、躁病でも興奮状態・易怒的となり、暴力に発展することもあります。認知症で不穏・興奮状態となり暴力へ至ることもあります。
自閉症スペクトラム障害(発達障害、アスペルガー症候群など)で、他者とのコミュニケーションがうまく取れず、その葛藤から暴力的になるケースもあります。

DV(家庭内暴力)回復NPO法人

NPO法人 全国女性シェルターネット
特定非営利活動法人 日本トラウマ・サバイバーズ・ユニオン
NPO法人 ハートスペースM

お問い合わせ

プライバシー保護の為、お問い合わせは院長専用のFAX(089-994-3618)のみになります。

PAGETOP
Copyright © クレセント健康道場 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.